耳鼻科医による耳鼻科医のための開業支援サイト
Top page
CONTENTS MENU
§1

医院開業を
決断する前に
 
§2

医院開業を
決断したら
§3

各種業者との
付きあい方
§4

各種購入物品
(各論)
 
§5

メンテナンスの
落とし穴
 
§6

医院設備の
迷いどころ
§7

募集・面接・
採用・教育
 
§8

成功へのカギ 
§9

医院運営上の
ちょっとしたツボ
 
 
CONTACT US

会見のお申し込み


医院ホームページ








§8 成功へのかぎ

成功するための特効薬はありません。日頃の地道な努力の積み重ね、それ以外にはあり得ません。 しかし、患者に支持されて医院の運営がうまくいくためには
「当然しなければならないこと」、「教えられなくても冷静に考えれば誰もがわかること」が意外と多いのですが、それらのことを全く意に介さず、淡々と診療を行い、患者数が増えないことだけを嘆き、悩んでいる医師がおられます。

私がここでお伝えすることは、当たり前のこと、教えられなくてもわかることばかりです。 それらのことを意識して実行する、それはあなたの意志次第です。




リピーターを増やす


医療機関に限らず、飲食店、遊園地、家電量販店など、どんな職種でも安定的な運営をしていくためにはリピーターの確保、リピート率の向上が欠かせません。
広報、広告、営業活動は初診患者を増やすための努力にほかならず、それだけでは到底安定的な患者確保は望めません。つまり、来院者に満足して帰っていただくこと、他の医院よりもいいんじゃないかなと感じてもらうことが至上命題なのです。


 
来院から帰るまでの他院との違い等についてお話しします。
詳しく聞きたい方は会見にて! <会見のお申し込み>




初診患者を増やす


ポイントは2つ、口コミとインターネット情報です。
好印象を持っていただければ、再診率、リピーターは当然上昇します。

評価とは、その人個人の中で、ほぼ完結します。リピーターにはなっても、広告塔にはなってもらえないかもしれません。

評価を受ける、と言うことの次に目指すべきは、「評判をとる」ことです。

「評判をとる」とは、好評価が口コミ等で広がっていくことを意味します。評判は好評価の延長線上にある場合もあるのですが、前述したように、個人完結してしまうことも十分にあり得ます。「評価」と「評判」は別物と考えるべきです。

それでは、評判をとるには如何すべきか。
評判は感動から生まれます。感動、心を動かされるからこそ、そのことを人に伝えたくなるのです。感動は、どのようなときに生まれるか。期待を裏切ったときに生まれます。期待通り、予測通り、思った通り、想定範囲内では、なんの感動も生まれません。思った通りでないときに、人は驚き、心を動かされるのです。
感動するとその体験を人に話したくなるのは人間としての習性でしょう。


どのような業種においても口コミほど、有効な、説得力のある宣伝はありません。さらにその上、安価です(笑)。タダです!!評判をとって、口コミをしていただくためには、なんとしても来院者の期待を裏切る仕組み作りが必要なのです。

例えば、散髪屋に行って、普通に迎えられて、ちょっと座って待って、普通に散髪をされて、普通の料金を払う、というだけではなんの感動も生まれません。
それは、期待通りだからであり、期待を上回ることも下回ることもないからです。
ところが、例えば、待っている間にお茶を出してくれたり、というような事があればどうでしょう?ちょっとしたことですが、意外なことであり、期待というか既成概念、固定観念とは少し違いますよね。普通は散髪屋さんで、お茶はでませんからね。
そうすると、その客はその驚き(感動)を他の人に話したくなると言うことですね。例えば、いつ行っても待ち時間がないとか、すごく料金が安いとか、散髪のあとに肩のマッサージをかなり長くしてくれるとか、ほんのちょっとしたことでいいのです。

期待を上回る、ちょっとした違いがないと、全く感動や満足度が生まれません。
結局、競争力がないということですね。



口コミを得られる工夫、インターネット情報などについてお話しします。
詳しく聞きたい方は会見にて! <会見のお申し込み>




          →NEXT §9)医院運営上のちょっとしたツボ

 
Copyright(C) 2010 Oiki Surgi clinic All Rights Reserved.